ホーム>大學紹介>學長メッセージ 言伝>學長メッセージNo.57 賢者のプレゼンテーション

大學紹介

About Otemon
  • シェアする
  • facebook

2021.10.26

賢者のプレゼンテーション

 學友會追風が、今年から長くなった夏休みを有効に使おうと、9月に學生プレゼンテーション大會を企畫してくれました。春學期の學びをテーマに參加者を募ったところ、12組もの応募がありました。その様子はYouTube で配信され、審査も追風副委員長の岡田大來君を始め學生たち5人だけで行われました。參加した學生からは、「プレゼンは苦手だったけれども、この苦手を克服したいと思い參加した」「話し始めると緊張も次第に解け、もっと伝えたくなった」などといった聲が聞かれました。
 大成功です。

 學會においても、成果の発表は、學會誌に論文で行われるとともに、伝統的に口頭発表でも行われてきました。通例では発表の後に質疑応答の機會が用意されます。研究成果が同じならば論文発表だけでも十分だとも思われますが、オンライン學會でもこのような慣習がずっと続けられています。口頭発表でどこが見られ、何が測られているのかは、よく考えてみるべき問題だと思います。

 言文一致體という文體があります。文學史では明治期以降の文學作品の説明に用いられます。
 しかしながら、少し考えてみればわかるように、完全な言文一致など不可能です。私たちがふだん話している言葉は、そっくりそのまま文字にはできません。また発音やイントネーションなども伝わりません。話し言葉と書き言葉は、全く別のものなのです。
 素敵な文章でも、棒読みしたために空疎でつまらないと感じたことはありませんか。また、よくよく考えてみれば望んでもいないことを、口頭で説得され受け入れたことはありませんか。

 ぜひ、日ごろから自分の話し方に意識的になってみてください。聲の強弱を考え、「えーと」など開口時の無駄な口癖を無くし、文末の言葉に変化を與えてみるなど。その先に、上手なプレゼンテーションが待っています。

 もちろん、話す內容の精査が重要であることは大前提です。
 プラトンが「賢者は、話すべきことがあるから口を開く。愚者は、話さずにはいられないから口を開く」と言ったと伝えられています。something to sayとto say somethingの違いです。我々のプレゼンテーションは、もちろん、賢者のそれでありたいものです。

學友會追風が企畫した學生プレゼンテーション大會の様子はコチラ↓

https://www.youtube.com/watch?v=wifNNl0jDHU


バックナンバー

精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线