ホーム>新著情報>プレスリリース>【追手門學院No.45】循環経済をテーマに高校生が世界に提言を発信

プレスリリース No.45

2021年11月12日配信

追手門學院高校、追手門學院大手前中?高校が代表して

循環経済をテーマに高校生が世界に提言を発信

 
 

 SDGsをテーマの一つに活動をしている追手門學院高等學校(大阪府茨木市、校長:木內淳詞)と追手門學院大手前中?高等學校(大阪市中央區、校長:濵田賢治)の生徒が、11月22日に開かれる「日本?デンマーク対話フォーラム」に日本の若者の代表としてオンライン參加することになり、事例発表や提言に向けた準備を進めています。

 オンラインで參加するのは追手門學院高校ユネスコ國際研究部の2年生2人と追手門學院大手前中?高校ロボットサイエンス部の中高生6人のあわせて8人です。

「渋滯回避交差點」を説明する高校生

 「日本?デンマーク対話フォーラム」は、デンマーク王國大使館とデンマークに本社がある世界的な玩具メーカーのレゴが、英スコットランド?グラスゴーで開かれているCOP26にあわせて、循環経済をテーマに次世代を擔う若者と対話を行い、世界にメッセージを発信しようと開催するものです。日本からは追手門學院の2校と東京から2校が參加します。

このうち、追手門學院高校ユネスコ國際研究部の生徒は、これまでの調査研究からプラスチックトレーの削減や代替肉の導入などの必要性を発表?提言するほか、若者の社會參畫意識向上を目指す、學校を中心としたコミュニティづくりの取り組み事例を紹介します。

 また追手門學院大手前中學?高校ロボットサイエンス部の生徒は、11月にオンライン參加する世界的なロボットコンテストで発表する、エネルギー消費の削減を目指した「渋滯回避交差點」システムの説明や、國の特性や狀況にあった再生可能エネルギーの開発を訴えます。


日本?デンマーク対話フォーラム開催概要
日時:2021年11月22日(月)15時から
會場:デンマーク王國大使館
言語:英語?日本語(同時通訳あり) 
形式:対面およびビデオ會議のハイブリッド 
   追手門學院の生徒は、それぞれ
         追手門學院高校(大阪府茨木市太田東芝町1-1)
         追手門學院大手前中?高等學校(大阪市中央區大手前1-3-20)からオンライン參加

▼本件に関する問い合わせ先

追手門學院大學 広報課 谷ノ內 仲西

TEL072-641-9590

メールアドレス:koho@otemon.ac.jp

精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线